ペニスは大きくできるの?①総論

投稿者: | 2020年10月6日

Q.巷では、ペニス増大サプリや器具など情報が溢れています。実際ペニスは大きくできるのでしょうか?

A.2020年に行われたイタリアとイギリスの泌尿器の研究論文があります。

ペニス増大を希望する男性のほとんどは、実は、正常の大きさのペニスです。つまり本当は悩む必要のない人が、悩んでいます。まずその理解が一番大事です。

それでもなお、増大を希望する場合、美容治療が選択肢になります。サプリや真空装置は効果が全くありません。陰茎への注入剤や手術はリスクが高く、推奨されません。
唯一、エキステンダーで2cmほど延長する可能性が論文で示されました。※1

===============================
(解説)
ペニスの増大できるのか?これは最も多く頂く質問です。
巷では、雑誌などでペニスの増大を謳う広告で溢れています。
それだけ悩んでいる人も多いのでしょう。

実際ペニスを大きくできるのでしょうか。それについて、科学的に研究した論文が2020年発表されました。イタリアとイギリスの大学病院の泌尿器科による研究で、Sexual Medicine Reviewsに掲載されました。※1

『ペニスが小さいと主張している正常な男性に対する外科的および非外科的介入の系統的レビュー』という題名のこの論文は、科学的に最も信頼性の高い手法を用いて解析された研究です。
過去のペニス増大についての論文を、隈無く検索し、それをまとめて結論を出しています(系統的レビューと言います)。イメージとして、論文のまとめサイトのようなイメージなので、科学的に信憑性が高いのです。

1995年から2015年の間に発表されたペニス増大についての研究論文(17本)を解析し、合計1,192人の男性(年齢17歳〜62歳)について調べました。
対象男性の元々のペニスのサイズは殆ど正常範囲内で、増大治療後、3ヶ月〜3.3年まで追跡調査されました。
本当に増大したか、患者の満足度、リスクについて調べられました。

その結果、
切らない治療(非外科的治療)では、エクステンダーという、持続的に引き伸ばす装置を数ヶ月装着すると効果があり、2cm弱程度ペニスが長くなるという結果でした。しかも合併症のリスクの低く、比較的安全性が高いものでした。
一方で、陰茎への注入剤 や 切る治療(外科的治療)はリスクが高い事がわかりました。また真空装置を使ったペニス増大は効果がありませんでした。※1

一番大切な事として、大多数の男性が自分のペニスは正常だというカウンセリングを受ける事で、増大治療は必要ないと思い直すという事もわかりました。※1

一方でこの論文にも注意しなければならない点があります。それは、調べらえたペニス増大17個の論文自体は、人数や介入方法など科学的な質が高い研究が少なかったという点です。そのため今後もさらなる研究が必要と言えます。

現時点での結論として
正常な男性に対する増大治療は、治療を受ける前に客観的に自分のペニスのサイズが正常かどうかカウンセリングを受ける事が大事です。
それでもまだ増大を希望する場合は、エクステンダーで2cmほど増大する可能性があります。
一方、陰茎に対する注入剤 や 陰茎増大手術はリスクが高いため、安易に受けるべきではないことがわかりました。※1

ちなみに、巷でよくみる増大サプリについてこの論文の中には記載がありません。つまり、言うまでもなく、サプリは全く効果がないということです。。この論文にエントリーすらできないほど、サプリメントは論外ということになります。

✳︎注意✳︎
この記事は、エキステンダーの使用を推奨するものでは決してありません。今回紹介した論文が出ているとはいえ、医学的に標準化された方法とは決して言えません。まずはペニス大きさなど悩む必要はないということを理解する方が何より大事です。

引用論文)
※1Marra G, Drury A, Tran L, et al. “Systematic Review of Surgical and Nonsurgical Interventions in Normal Men Complaining of Small Penis Size. “Sex Med Rev 2020;8:158–180.