ペニスは大きくできるの?⑤各論(カウンセリングについて)

投稿者: | 2020年10月24日

Q.ペニスを大きくしたいんですけど?自分のペニスはどうなのでしょうか?

A.ペニスが小さいと悩んでいる人のほとんどが実は正常のサイズだと言われています。ペニス増大希望の男性に対しての治療の第一歩として、まずその大きさが正常であることを理解することから始めるのが重要です。
2020年に行われたイタリアとイギリスの泌尿器の研究論文によると、自分が正常範囲であるとカウンセリングで理解した人は多くの人が治療を踏みとどまることがわかっています。

==============================

前回のブログでは
2020年に行われた研究論文の中で、『切る(メスを使う)陰茎増大手術』の具体的な方法とその有効性について紹介しました。

 

5回に渡って連載した『ペニスは大きくできるのか?』というテーマも今回が最終章です。今回は、ペニス増大希望の男性に対して行われたカウンセリングについて解説します。

以前のブログでも言いましたが、ペニスが小さいと悩んでいる人のほとんどが実は正常のサイズだと言われています。つまり、本来悩まなくて良い人が、サイズに悩んでいるのです。
今回の論文の中でも、正常範囲内であることを性教育、カウンセリングを受けたことで、治療を踏みとどまった人もいたようです。
では詳しく見ていきましょう。

1995年から2015年の間に発表された、ペニス増大希望患者に対するカウンセリングについて解析されている論文(3本)を解析し、合計489人の男性を調査しています。※1

自分のペニスが正常であることを知ったのち、何%の人が増大治療を踏みとどまったかを、3つの研究でそれぞれ調べています。

その結果、
1つ目研究では66.6%
2つ目の研究では77.7%
3つ目の研究では100%
の人が増大治療踏みとどまったという結果でした。※1

つまり、カウンセリング方法によっては、参加者全員が治療を踏みとどまった例もあり、効果的と言えます。
論文の著者らは、ペニス増大希望の患者はまず精神医学的評価とカウンセリングを受けることを第一にすべきだと結論付けています。
ただし、悩みは、患者それぞれの文化的、社会的背景によって異なる可能性もあり、まだ体系化、標準化されたカウンセリング方法が確立されているとは言えません。今後の更なる研究が必要とされています。

結論:ペニスが小さいと悩んでいる人のほとんどが実は正常のサイズだと言われています。ペニス増大希望の男性に対しての治療の第一歩として、まずその大きさが正常であることを理解することから始めるのが重要です。

引用論文)
※1Marra G, Drury A, Tran L, et al. “Systematic Review of Surgical and Nonsurgical Interventions in Normal Men Complaining of Small Penis Size. “Sex Med Rev 2020;8:158–180.